ハワイ ボディボード・サーフィン体験記

2004年夏・2006年GW カウアイ島(ポイプ)・オアフ島(ワイキキ)

ポ イ プ ビ ー チ

ハワイのビーチはどこも気持ちがいいが、ワイキキしか行かないのはもったいない。オアフ以外ではラナイ島とここカウアイ島しか行った事はないが、ここポイプビーチはのんびりしていてお気に入りだ。日曜日は朝からローカルの家族達がバーベキューに集まるが、それ以外は観光客も少なく、一日のゆっくりとした時間を感じる事ができる。晴天率も高いので、他が雨でもここだけは快晴という事も珍しくないようだ。8月でもそんなに暑くてたまらない事もない。今回の5月は朝晩は長そでがないと肌寒い事が多かった。朝に通り雨が過ぎるとパーフェクトな虹が見えた時は幸せな気分の朝になった。夜はまさに満点の星。私の一番好きな星座、オリオン座の中にある小さな星まで完璧に見える。ラナイで椅子にもたれて流れ星を待つのもいいもんだ。

ポイプ・カイ・リゾートから下ってくると、その前のビーチがブレネッキーズ・ビーチだ。ここは小さな湾のようになっていて、ボディボードに最適の波が来るので専用ビーチになっている。下は岩もあるので泳ぎには向かないが、シュノーケリングや、ボディサーフィンをしている人もたまにいる。結構、カメを目にする事も多い。ボディボードに乗って波待ちしていると、プカーンと黒っぽい物体が浮かんでくるので、まさか死体?とか思って最初はどきっとした。運が良ければ遠くにドルフィン・ジャンプも見れるかしれない。日陰は2~3の木陰しかないので、いつも朝行ってお気に入りの木の下をキープしていた。このあたりには野生のニワトリやスズメ、カラス?がたくさんいるので、食べはじめると寄ってくる。

二人とも一緒に海に入る事もあるので、ここには現金は取られてよい位だけしか持っていかない。ほとんどの支払いはカードでできるのでカードだけでも良いくらい。部屋のキーとカードはサーフパンツのポケットに入れて海に入る。マジックテープがかなりしっかりしているので落とす事はない。ビーチタオルは部屋から専用のを持ってくる。あと本や日焼け止め、おやつ等、網になってて砂が落ちるようになったビーチパッグを持って行く。海に入る時は陣地のゴザの上に乗せて重しにして、風でゴザが飛んでいかないようにしている。

芝生の公園を歩いていくと、子供達の遊技施設(滑り台など)や、屋根付きのバーベキュー・サイト、シャワー、トイレなどがあるポイプビーチ・パークになる。ここにはライフガードもいるし非常に浅い入り江になっているので、子供達も泳いでいる。ここの道路をはさんで向こう側にブレネッキーズという2階がレストラン、1階にはデリと小さなお土産屋兼ツアーデスクがある。レストランのハッピイアワー(ランチとディナーの間)にはお得なメニューがあって賑わう。豆腐と野菜炒めはボリュウムもありお勧め。デリはここ周辺で唯一のお店なので、お昼のサンドイッチ(選択肢が多くて迷います)やチリ&ライス(チリ&ドッグより量があっていつもライス。大と小があります)、飲み物(ビールは6本セット、ビーチでは紙袋につつんで隠して飲まないとつかまるかも)を買うのに良く利用する。ここのとなりにはヌクモイ・サーフショップがあります。各種レンタル、サーフレッスンもあります。セール商品もあるので、サイズがあえばかなりお得です。

8月には日曜日に駐車場一帯でフリーマーケットが開かれ、お土産の地元物産、アロハ、Tシャツ、パレオ、フルーツ(安い!)、プレートランチとなどなど色んなお店が出て、生演奏もあったりして、旅行者や地元の人達、サーファーも来て賑わいました。5月1日はレイ・デイなので何かあるかと愉しみにしてましたが、ここではありませんでした。

ここから砂浜沿いに叉は道路に出て駐車上横を通って金網沿いに進むと、マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブがある。リフエのマリオットと違ってガイドブックには出ていない。ここもロケーションは良いが、部屋は狭そうな割に高いので泊れない。プールサイドバーは夕陽を眺めながら利用した。レンタルのボディボードやサーフボードもある。プール沿いに奥に進むとフロント横にホテルショップとスターバックスがある。ピザはその場で釜で焼いてくれる。サイズも半分だけど十分デカイし旨い。カットフルーツも美味しかった。

ここからさらに砂浜沿いに進むと、以前の台風で閉鎖になったホテルの廃虚前を通り、キアフナ・プランテーション・リゾートがある。前身が砂糖キビプランテーションなので広大な敷地の美しい芝生の中に住まいが点在する。今度はここのビーチフロントのコテージに滞在してみたい。ここの前のビーチでサーフレッスンを受けた。芝生では木陰で本を読んだり、昼寝したり、みなが思い思いの時間を過ごしている。

ここの先に芝生が切れ込んだところがあり、パブリックの駐車場になっている。ここにサーフレッスンのテントがたつ。ここのすぐ先はシェラトン・カウアイ・リゾートだ。このあたりでは一番巨大ホテルという感じで、中は迷路のようだった。和食もあり施設はさすがに充実している。ここも各種レンタルがあり、ここのボディボードは先の方がグラスボートのように透明な円がはめ込んであり、波待ちの時に海中を眺める事ができて愉しそう。オープンテラスのレストランはロケーションも良く、ポイントでサーフィンする人達も見れるし、朝食は気持ちよさそうな所だ。ポイプでは日本人はほとんど見かけなかったが、ここではツアーで泊まっている人達がチラホラいた。

あと、こちら側とは反対側(ポイプ・カイ・リゾートから下って来て、左側)には、リーズナブルな小さなコンドミニアム(ニヒ・カイ・ビラなど)や貸しアパートもある。小山を超えると巨大なハイアット・リージェンシー・カウアイ・リゾートがある。

ポイプビーチパークの入り口の看板

ポイプビーチでは家族連れがのんびり時間を過ごしている

ブレネッキーズビーチはボディボード専用ビーチ

見た目はそうでもないが、ボードで落ちる瞬間は結構恐いです

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブのプールサイド

フロント横にあるスターバックス。やっぱりコーヒーが旨い

シェラトンの前、向こうに見えるのはキアフナ

8月の日曜日には駐車場でフリーマーケット

ヌクモイ・サーフショップ

ブレネッキーズ(1階がデリとショップ、2階がレストラン)

お気に入りの木の下にゴザを敷いて陣地にする

エサを求めて歩きまわるニワトリ親子

ホームに戻る     目次に戻る