第47代内閣総理大臣 芦田 均

福知山市芦田均記念館

The 47th PrimeMinister Ahida Hitoshi

芦田均氏は、戦後まもなく日本国憲法の制定にたずさわり、昭和23年3月総理大臣となって国政を担当するなど戦後の復興に大きな足跡を残しました。

生誕の地である福知山市中六人部の生家に、外交官時代のパスポートや著書、写真など資料を展示する「福知山市芦田均記念館」が2002年5月18日に開館しました。

のどかな田園風景のなか、白壁の記念館と庭の楠木が大きく枝を広げ遠くからも目印となっています。

記念館正面(展示棟)

第47代内閣総理大臣 芦田 均

芦田均氏は、1887年(明治20)京都府天田郡中六人部村(現福知山市)に、生まれました。
少年時代は、近所でも評判のガキ大将でしたが、将来外交官となり日本の近代化に向けて活躍する夢を抱いていました。
青年時代には谷崎潤一郎や和辻哲郎らと親交を深め文学に傾注し、外交官時代にはヨーロッパでオペラなど舞台芸術に親しみ、国際法の研究で法学博士の学位を受けるなど多彩な活躍をされています。
1932年(昭和7)日本の将来をうれいて外交官を辞職し、衆議院選挙に出馬。初当選を果たし、以来27年間、終生国会議員として第一線で活躍され、第二次世界大戦前の反戦活動、日本国憲法制定など自由と平和と正義をかかげて民主国家実現のために大きな足跡を残されています。
1948年(昭和23)3月10日には、第47代内閣総理大臣就任し、戦後の混乱の時代に国政を担当され、日本の復興に大きな功績を残こされました。

芦田均氏略歴

1887年(明治20) 11月15日生まれ(天田郡中六人部村字宮)
1904年(明治37) 16歳で単身上京、第一高等学校入学
1907年(明治40) 東京帝国大学法学部仏法科入学
1912年(大正元) 外務省入省
1932年(昭和7)  衆議院議員初当選
1946年(昭和21) 憲法改正特別委員会委員長
1947年(昭和22) 民主党総裁就任
1948年(昭和23) 内閣総理大臣就任
1955年(昭和30) 自由民主党結成に参加
1957年(昭和32) 衆議院議員勤続25年
1959年(昭和34) 福知山市名誉市民
6月20日死去、71歳

生家(離れ)

パスポート 大正10年 パリ大使館時代

昭和6年 42歳 外交官時代

昭和23年3月10日 芦田内閣認証式

●開館時間 午前9時〜午後5時まで

       (入館は4時30分まで)

●入館料 無料

●休館日 毎週火曜日

  (展示替え等による臨時休館・年末年始)

〒620-0833 福知山市字宮36番地

Tel&Fax : 0773-27-9445


最初のページに戻る